デカルトの提唱する「我考える故に我あり」の考えるとは?【人生哲学】

スポンサーリンク
f

では、何故「考える」という事が重要であるか。

sad_man_portrait

それは、他の生物、物などと人間を比べて見た時にどこに差があるのか?

それは思考能力に他ならないと思います。

「この花を見て、綺麗と思わないなら、この花が綺麗に咲く意味がない」

daisy_pollen_flower

花をみて、綺麗と思う事によりそこに「綺麗な花が咲いている」という事になるのです。

人間という観察者がいることにより、この世界は成立しています。

人間が考えた時、世界が生まれる、

デカルトさんの言葉

「我思う、ゆえに我あり」

というのとまさに同じなわけです。

逆にいうと、観察者のいない世界で、

朝、太陽がのぼり、そして太陽が沈む頃、崖の上でライオンが雄たけびを上げる

そんな日常が永遠に繰り返される。誰も観察者がいない状態で。

sleeping_lion_189731

そんなのむちゃくちゃ気持ち悪いですよね。

はたしてそれは世界が成立しているのでしょうか??

いやいってあげましょう、自分雄叫びあげすぎ!って

ライオンは世界を思考しているのでしょうか??

そもそもライオンが思考しているかどうかを決めているのは誰か?

神様でしょうか??

いや、自分なのです。

自分がそこで感じた時、そこに世界は生まれる。

にわとりが先か、卵が先か??

chicken_and_egg_195931

自分はこう思います。

にわとりにも、卵にも世界は始めれない

すべては自分です。

自分が創造主であり、神であるといえます。

そして、いつも思っています、神様は自分の中にしかいないと。

では、何故人は偶像を崇拝したりするのでしょうか?

また、この世界には、自分以外の人間がいきているので、神様だらけになるのじゃないか??

うーん、そうですね。

その点についても考えているので、またおいおいと。

ひとまず、今の段階では

自分が神で思考が全ての起源であるという考えを中心に考えています。

children_baby_boy

暴力的になったり、食い意地がはったりしている人をみて

「本能で動いている」と表現する時があります。

私はそれに疑問を感じます。

「人間の本能は考えること」であり、無心で直観的に動く事は、むしろ本能とは逆方向の行動であると考えます。

r
スポンサーリンク
スポンサーリンク