【宇宙の謎】重力について考えてみたら、やっぱり謎でした。

ある日、リンゴの木を見ていたらリンゴが木から落ちた。
これだ!と思い研究した結果、それは「万有引力」という、地球が物を引きつける力だと、アイザックニュートンが提唱した。


この世は「隠と陽」、「存在の証明の法則」で動いていると考えているので、引力があれば、反対に離す力もあると言える。


それはいわゆる「斥力(せきりょく)」と言われる現象なのだが、まじかるタルるートくんの世界では存在しているが、現実世界では未だにそれは証明されていないとされている。
もし、それが解明されたら、その力を使い、人間が空中を浮かぶ事は容易になるので、スイスイ空も飛べるようにもなるだろう。
さらに、その力を強力にして手に溜め込む事ができたら、カメハメ波を撃つ事だってできるようになるだろう。
自分のこどもが、化学者を目指したいと言ったら、是非その解明をしてみなさいと言ってあげたい。

では、斥力(離す力)が存在すると考えてみる。

斥力がある一点からその力を発するとどうなるだろう。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-01
その力は全てを跳ねのけ続けるので、一瞬にしてその点の中にははねのけるものがなくなる。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-04

そしたら、全てを跳ねのけた後、そこには何が残るだろう?

もちろん「無」や「真空」といわれるものも跳ねのけるだろう。

そんな事ができるのだろうか?
それが、いわゆるブラックホールなのか?
あまりブラックホールとか言うと、訳が分からなくなるし、そもそもあれは吸い込んでるのではないのか?
ブラックホールも一説には吸い込んで、別の場所で吐き出しているという説もあるみたいだが、そんな話を自分が証明できるわけもないのでやめておく。
話は戻り、一瞬で全てを吹き飛ばし、それからも跳ねのけ続けて、その中に「無」を存在させるというのは無理なように思うので

斥力は存在できない事になる。

そうなると、隠と陽の証明論でいくと、「重力」の反対にある、「斥力」は証明できないので、

そもそも「重力」の反対は「斥力」ではないのではないかと考えてみる。

では重力とは一体なんなのだろう?

アインシュタインの一般相対性理論では、重力とは空間に質量がある事により、歪みが生じ、それに吸い込まれる事だとされている。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-06

また、重力として一般的に有名なのは、地球の中心に引っ張られている力という事。

でもこれは、地球から見たら中心に「引っ張られている」と言えるが、

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-02

宇宙から見ると「押している」とも言える。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-05

という事は、重力の端にあるのは押す力、すなわち「斥力」という事になる。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-07
でも、「斥力」で「無」を作り出す事はできないので、

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1-08

そもそも「重力」とは、「そういう引っ張るとか、そういう概念ではない」のではないのだろうか。

そして、考えた。
自分の証明論でいくと、

「無」を証明する為に「有」の物が誕生するが、「有」とはそもそもいろんな物の塊(原子も含め)であるとされているで、その反対はバラバラ、すなわちかたまらずチリより小さい存在で、存在すらないものである。

molecule_background

よって「有」(形を留める)を証明する為の結合する力(重力)が必要であり、

スポンサーリンク

「重力」の反対は「斥力」ではなく、「無」であると今は考えておく。

なのでもうしばらくは、斥力を使う、空を飛んだり、カメハメ波を打つ事はできないかもしれない。

r
スポンサーリンク
スポンサーリンク