【人生哲学】正直者は損をするシステム、この否定しようのない事実。

baseball-1505036_640

よし、こんだけ材料揃ったから電話や。

負ける気がしないクレームの電話。

特に大手企業に関しては。

何故か。

上司などがちゃんとしようとするから、文句のいい甲斐がある。

ごね得がある。

でも、小規模会社へのクレームだと、いきなり社長クラスが出てきて、「いやウチはこういうやり方なんで」と言ってガチャ切りされたらもうそれで終わり。

そう、相手が土俵にあがりすらしないと戦いようがない。

ちなみに、音声ガイダンスで誘導するやつ最近多いですね。
あれは怒りを増幅させるだけやからやめた方がいいよ、と言いたいけど、あのハードルのせいで、かなりのクレーマーはいらいら爆発しすぎて、繋がらないまま途中できっていると思う。

そして、泣き寝入り。

うまい仕組みです。

あれ、絶対わざと設置してますよ、全部は対応できないからフルイにかけてると思います。

そんなことは置いといて。

先日、電話対応にて。

僕、受ける側。

僕「うん、うん、うん、そうですね、おっしゃる通りですね。」

すごく正論を言ってくるクライアントAさん。

僕が悪くはないけど、明らかに僕に対しても怒ってる。
ちょいちょい「イクーンさんは悪くないんやけどね」とフォローもある。

僕は間に入ってるだけなので、本当に悪くない。

怒ってる内容は、100対0で正論を言っていて、そのAさんも本当に悪くない。
逆の立場であろうもんなら、もっとあげあしをとって、言葉をまくし立てるであろう場面。

でも、なんでだろう、いくら正論を言われて間違えた事を言ってないのに、Aさんの肩を持つ気になれない。

Aさんが、クレーマーにしか見えない。

損してるなー、Aさん。

それが僕の気持ち。

なんでだろう、Aさんは悪い事なんかしてないし、正論言ってるだけ。

100 対 0 で悪くないのに。

その時思いました。

今まで、自分はそうだったな。

人間関係で、悪くない事をしているからOKって事はないんだな。

正論で、直球を投げるんじゃなくて、クレーム一つでも、相手をいち人間としてとらえ、いかに「うまいことするか」ってのは、切っても切れない人間関係なんだと思う。

そこをどうやり込めるかが、人間力で、次に繋げていくのか、そこで切れるのかの違い。

例えば、料理がまずいからといって、文句を言ってその場を飛びだし、一生その店にいかない客になるのか、店の人にその事を伝え、どううまく計らってもらうようにできる客になるのかの違い。

どっちのフォロワーが多くて、どっちの人生が楽しそうに見えるのかは考えるだけ無駄ですね。

正論やから、何言っても円満解決ではない。

正論ってのは、社会の見本をなぞった行動を取り、それを盾に相手を打ち負かすこと。

それって、賛同してくれる人はたくさんいると思うけど、人間力としてはだいぶ下の方だと思う。

社会の盾ってだいぶかっこよくないし。

僕も、ど直球が最高だと思ってた。

ど直球だけを投げていれば、いつかは花が咲くと思っていた。

でも、それほど透明人間に向かっていく生き方はないと思った。

どれだけいっても、この世界の「やったもん勝ち、まじめな奴が損をする」というシステムは覆りようのない事実だと思う。

だから人間力がいる。

そして、人間力は、人間をやっていくうえで、酸素と同じくらい大事な事なので、その事実から目をそらして生きるのは、そもそもずれているように思える。

先生はそんな事は教えてくれなかったよ。

そうなんです、義務教育が終われば、自分の事は自分で育てていかないとダメなんです。

答えはいらないから、せめてその事だけは教えて欲しかった。

子供に教えたい事の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク