創作物、セコムしてますか?

時代を超えるね、しげおながしま

「他人のものを盗んではいけません。小学校で習わなかったの?」

というやつありますよね

よくいうけどね

わかるけど

そんな事習ったかな?あんまりはっきりした覚えはないんですよね。

親から教わらなかったのか?

それに関しては、人それぞれで、義務教育の範囲ではないから、その家庭によりますよね。

だから、全員に押し付けるのは違いますよね

まあ、それはいいんですけど

ネット上に公開した製作物を盗んでもいいのか?

もちろんダメですよね。

理由ははっきり言えないけど。

でも、自分も製作者のはしくれとして、盗作などされたらそれはとても嫌です。

もちろん、抗議していいと思います。

そして、ちゃんとそれを証明できたら、社会のルール上は原告側が勝てるでしょうね。

でも、ちゃんとルールが整備され、正式なやり方で完全勝利したからといって、きちんと賠償してもらえるかと言えば難しい話だと思います。

今はネット上の話ですが、実際の生活の中ですら、それって難しいのが多いです。

いわゆる泣き寝入りですよね。

家の前にあった物が盗まれた、犯人はわかっている。

犯人はのらりくらりとかわし、認めないが、証拠を詰めて、裁判をして勝利をした。

それから賠償請求はできるけど、払ってもらえなければそれまで。

家が近かったら、請求もしやすいけど、離れていたら電話か手紙でしか請求できない。

もちろん、不履行で差し押さえや逮捕にはならないと思う。

その間の途方もない時間、弁護士費用、忍耐力、そして返ってくるお金。

全てを考えると、感情的にならない限り「泣き寝入り」という事になる。

これがネット上の問題だとさらに困難になる。

いくらモラルで、盗用はダメと言ったところで、泣き寝入りになるのは現実問題。

泥棒さんに秩序やモラルをお願いしても、それは無理でしょう。

そんなとこに置いとく方が悪い。

こんな時、頼れるのは、世間や繋がりですよね。

これがあなたのものであると、世間の周知があれば、誰かが盗作をしたところで、「いやお前何言ってんだ」ということで、盗作が成立しない。

または、これが自分のものだと周りに広める事ができれば、そこでも「まった」がかかると思います。

一番は、誰でも知ってるくらい知名度をあげれば勝手に世間は守ってくれるでしょうね。

社会は、かたち上はすごく守ってくれるけど、それに甘んじて自分は守られていると思うのは大きな落とし穴だと思う。

こんなところでも、結局問われるのは人間力ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク