【哲学・エゴ・権力】未完成の人間の行くつく先はピースな輪しかないのにね。

俺は警官なんか大嫌いだ!

政治家って聞くだけで虫唾が走る!

いますよね、こういう人。

でも、思うんですよね。

どれだけ、頭ごなしで、肩書きや身分だけでその人を否定したとしても、結局最後はピースな輪に巻き込まれてしまうんですよね。

逆にそれを貫き通すことは難しい。

だって、人は肩書きだけではないから。

普通に話してみると、こういう人だとわかった。

この人もいろんなもん背負って生きてんだな。

とか。

人に触れれば、触れるほどピースな輪になってしまう。

それでも、そのスパイラルをも理解しながら頭ごなしに、人を否定するのは

よっぽどのバカか、よっぽど何かを貫いている人なんだと思う。

でも理解しながら貫いているのならば、例えば戦争中、涙を流しながら人を殺したりする人がいるのではないか?

果たしてそんな人が何人いるか?ほとんどいないんじゃないか?

だからやっぱり人間はとても愚かななのではないかと思う。

争いの起きる入り口は単純で、

妻にいいものを買ってあげたかった

子供を守りたい

そんな小さい事から当たり前のことまで

人からエゴが生まれ、時にそれは権力のある人から市民へ与える余波は大きく

負のスパイラルを増幅しまくり

バカな奴はまともにくらい、さらに大きな負のウネリを生み出す。

でも、じゃあ結局ピースの輪になるんだからといって、みんながみんなお利口さんなら、世界はまん丸の丸になって、この世はガチガチの玉になってしまう。

きっと、みんなが気持ち良く生きれるマイクロチップなんかが開発され、それを受け入れるインプットができたら、それを挿入された瞬間世界は止まるのではないかと思う。

だって、みんなが正しく動けるようになるって事は、人に譲り、争いはなくなり、生きる意味すら考えなくてよくなるってことだと思う。

だからバカでいいのかな?

だから人間は未完成なのか、いや、未完成だから今があるのか?

やっぱりそんな理不尽な決めつけがないと

自分を表現できない、愚かな、未完成な人間です。

頭ごなしにするもよし、考え抜いてするもよし、

余計なことは削ぎ落とし、尖らしていかないと自分じゃないですものね。

r
スポンサーリンク
スポンサーリンク