ワードプレスで各投稿ページ毎に「noindex」を指定しよう【LIGHTNING】

こんにちわIQUNEです。(自己紹介はこちらから

imageself

ワードプレスブログの運営で重要となる、「noindex」「nofollow」についてのお話です。そして、「noindex」「nofollow」をLIGHTNINGというテーマを使って設定する場合と、それ以外のプラグインを使って設定する方法を話します。

スポンサーリンク

「noindex」「nofollow」って一体なんですか?

「noindex」「nofollow」という言葉をブログを運営していく上でよく聞きますが、それはとてもとても大切な設定項目になります。これを一歩間違えた状態で運営を進めていくととんでもないことにもなりかねません!
ワードプレスを立ち上げる時、最初の設定画面で「ページ全体をindexしますか?」といういきなりの二択を迫られます。慎重に調べながらやる人もいるとは思いますが、もしかすると、最初の段階で訳も分からず、チェックを入れたり、入れなかったりしてしまってると、大幅にアクセス数が減っているかもしれませんよ?

indexってなに?

indexとは訳すと「索引を付ける」や「指標となる」などの意味があるようですが、ホームページで扱われるindexというのは「一番最初に読み込まれるページ」という意味だと思ってください。例えば「iqune.com」というこのサイトで説明すると、ウェブの構成上ほとんだどが、 iqune.com というサーバーアドレスの中に多数のファイルが入っています。しかし、閲覧者がアクセスするのURLは iqune.com という形が一般的ですよね。わざわざ iqune.com/index.html とは入力しないのはなんとなくわかると思います。
普通に考えると iqune.com というサーバーの中の多数のファイルから一つだけ無作為にファイルを選ぶのですが、そのように無作為ではなく、「優先的にまず index.html というファイルを開きましょう」というのがルールとして決まっているのです。だから iqune.com にアクセスしても、 iqune.com/index.html というファイルが開かれることになるのです。

グーグルなどの検索エンジンにはクローラーというものが存在している

そしたら、 noindex ってどういう意味なの?となりますが、ワードプレスで指すその意味は、上記で説明したものとは少し異なります。グーグルなどの検索エンジンには「クローラー」と呼ばれる、巡回者が存在していて、そのクローラーが各ウェブページを回っていき、「このサイトはこんなキーワードでこんな内容だ」というのを確認していってます。そのクローラーが取得した情報の結果が、検索エンジンに反映され、一般人が検索窓口に文字を入れて検索した時の表示順位に反映されていきます。もちろん、表示順位が高ければ高いほどに閲覧される可能性はあがり、低いとほぼ誰からも見られない、というような状況になってしまうのです。
だから、閲覧数を上げたいならクローラーに巡回してもらい、情報を検索エンジンに評価してもらうことが必須になります。この検索エンジンに情報を渡すことを「indexする」と言います。なので、基本的に考えると、「indexする」がデフォルトになります。

indexしてほしくない時がある。

では、全てindexされれば検索順位があがるのかというと、そうでもありません。検索エンジンには「そのサイトの評価に応じて優先順位を決める」というのがあります。例えば、何もないエラーのページだったり、写真のリンクが切れたページだったり、文字数が少なく写真ばかりのページだったりすると、かえってそのサイトの評価は低くなるのです。
ブログに書く記事は全部が全部長文の記事というわけにもいきません。つぶやきのようなページもあれば、ダウンロードファイルを置くだけのページも存在します。また、サイトを立ち上げたての時は、ある程度作りこむまで一般の人の閲覧は避けたいですよね。そんな時に出てくるのが「noindex」です。

noindexを使いわけよう

ページが、理由があり、クローラーに評価されたくないのであれば「noindex」を指定します。指定する方法はいろいろあるのですが、私の使っているLIGHTNINGというテーマでは、投稿画面の下に

スクリーンショット 2017-06-15 22.21.09

「robots meta noindex」というような項目があり、ここにチェックをいれればそのページにのみ「noindex」が適用されます。
その他のテーマで、個別投稿ページに「noindexを指定するところがない」ようでしたら、このページより「WP Custom Noindex Nofollow」というプラグインをダウンロードして、インストール・有効化してみてください。簡単にnoindexを指定することができるようになります。
そして、noindexを指定した場合には、指定したページと指定していないページの見え方を確認するようにしましょう。確認方法ですが、ブラウザ上で確認したいページを右クリックし、「ページのソースを表示」をクリックして、ソースの中に(だいたい上の方に書かれている)<meta name=”robotscontent=”noindex,follow” />というコードが書かれていれば、noindexされているということなります。

スクリーンショット 2017-06-15 22.20.54

ちなみに noindexとは「クローラーが巡回にはくるが、情報を反映させない」で、nofollowといのは「クローラーがそもそも巡回すらこれないようにする」ということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?indexについては、ブログを運営する上で結構大事なポイントになると思います。もし、自分の閲覧数に疑問があるのであれば一度確認してみてください。

tablepresscatchワードプレス】TablePressのプラグインで面倒な表組・テーブルの作業効率が激減!すると思うよ

ワードプレスの基本を学べます。また、サンプルがあるのでとても便利です。オリジナルテーマの構築も学べ、私はこの本でワードプレスを理解しました。



r
スポンサーリンク
スポンサーリンク