空白の100年以後天竜人となったドンキホーテ一族は何故人格変化したのか【ワンピースネタバレ考察】

こんにちわ。

空白の100年以後天竜人となったドンキホーテ一族について考察したいと思います。

スポンサーリンク

トンタッタの歴史

IMG_7859

まずはトンタッタの歴史から振り返ります。

トンタッタは900年前に「自国にない資源」を求めて海(ドレスローザ)にやってきました。

純粋なトンタッタはドレスローザにいた「悪魔のような人間」に奴隷のように扱われてしまいます。

その悪魔のような人間の名前はドンキホーテ。

その後、「空白の100年」が訪れ、のちの800年前にドレスローザの新たな国王になった「リク一族」に支えられ、妖精としてドレスローザにて生きることになったのです。

なぜトンタッタは元の場所に戻らなかったのか

なぜ、空白の100年が終わり、奴隷解放されたあとでも、トンタッタはドレスローザに残ったのでしょうか。

それはもう故郷には、求める「資源」が復活する見込みがなかったからなのでしょうか。

ドレスローザは決して居心地がよかったわけではないと思うので、ある程度の「資源」を回収できれば故郷に残した仲間のためにも帰還するのではないかと普通は考えます。

しかし、トンタッタは戻らなかった。

考えられるのは、「資源」は限りあるもので故郷にはない、仲間も残さない一族の大移動だったのではないかと考えられます。

そして、その「資源」とはトンタッタが生きることにおいてなくてはならないものなのかもしれません。

果たして、その「資源」とは何なのでしょうか?

ものなのか?現象なのか?状態なのか?

トンタッタのわずかな描写も今後もみていきたいと思っています。

ドレスローザの国王とドンキホーテ

しかし、この一連の出来事、よく読んでみるといまいちふわっとしているところがあります。

1.トンタッタ、ドレスローザへ

IMG_7956

まずは900年前にトンタッタはドレスローザに舞い降ります。

そこで待っていたのはドンキホーテという名前の「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」で、トンタッタは捕らえられてしまいます。

2.空白の100年

IMG_7957

そして、900年前から800年前の間に起こる「空白の100年」。

何があったかの考察はここで控えておきます。

3.ドンキホーテは創造主としてマリージョアへ

IMG_7955

「空白の100年」を経て、一度は破壊?された世界を立て直したとされる20人が、世界の創造主の天竜人としてマリージョアに住むことになります。

なぜ、20人でマリージョアに住むのかはよくわかりませんが。

そこに「ドンキホーテ」の血族がいるわけです。

そして、その末裔となるのが、ドンキホーテ・ホーミングやドンキホーテ・ミョスガルドになるわけですね。

大事なのが、ドフラミンゴはドンキホーテという名前で「正当な国の王」としてドレスローザに現れているわけです。

ということは、この「空白の100年」が終わった直後の王様はドンキホーテ一族だったということなんですね。

疑問

IMG_7954

ここで疑問が出てくるのです。

あれ、ドレスローザの王様って「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」じゃなかったの?ということです。

天竜人のドンキホーテ血筋は、ドンキホーテ・ホーミングしかり、ドンキホーテ・ミョスガルドしかり、いい人ばかりです。

この「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」の人間は、天竜人としているドンキホーテ一族とは性格が違いすぎると感じます。

ですので、この「空白の100年」の間で王様が変わった、もしくは人格が変わったということが考えられます。

また、「空白の100年」は「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」を淘汰するためのものだったとも考えられるわけですね。

そうすると、「空白の100年」は世界にとってはとてもいいことだったとも考えられます。

しかし、「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」は「空白の100年」の間に不慮に命を落としただけかもしれないので、一概によかった出来事とは言いきれないし、むしろ隠された歴史であるので、よくない事情の方が大いに考えられるかもしれません。

疑問2

ここでまた疑問が2つでてきます。

善のドンキホーテは「空白の100年」のあとに、国を捨ててか譲ってかはわかりませんが、ドレスローザを離れてマリージョアにいくわけですよね。

国を捨てるということはよくないことですね。

ドンキホーテの性格からすると、信頼できる「リク一族」に譲ったという可能性があったかもしれません。

リク一族の謎

IMG_7938

でも、またリク一族で気になる点があるのです。

リク一族にドレスローザが譲られたのは800年前になります。

でも、今のドレスローザの国王の名前はリク・ドルド3世なのです。

800年の間で3世なのです。

これは一人250年以上生きる計算になるのです。

おかしな話ですよね。

まとめ

ドンキホーテ一族はやっぱりわかりませんね。

問題は「黒ひげのようなシルエットの悪魔のような人間」なんですよね。

なぜ、一つの一族で2つの光と闇を持つ性格の人格があるのでしょうかね。

スポンサーリンク