エネル扉絵壁画からベガパンクと古代兵器再考察【ワンピースネタバレ考察】

こんにちわ。

改めてエネルの扉絵&壁画を考察していきたいと思います。

画像を用意していたのですが、意外と何巻にも渡って掲載されており、ボリュームも多くてびっくりしました。

スポンサーリンク

vol.1「限りない大地(フェアリーヴァース)へ」

マクシムにのってエネルが、限りない大地(フェアリーヴァース)すなわち月へ向かいました。

時期は、ちょうどルフィたちがスリラーバークにいる時期と思ってよいのではないでしょうか。

vol.2「到着!限りない大地(フェアリーヴァース)」

エネルが月に到着。

何もない事に違和感とかはない様子です。

空気の概念はなくても良いのでしょうかね。

重要なところかもしれません。

ちなみに天竜人は宇宙服のようなものを着ているので、彼らには酸素が必要なのではないかと思います。

vol.3「気配ある穴ボコ」

穴のなかに気配を感じています。

vol.4「穴ボコに誰かいる」

穴のなかに誰かがいました。

vol.5「ひとまず攻撃」

なぜか攻撃しますね。

vol.6「恥ずかしながら!!生き残りました!!」

vol.7「スペーシー中尉敵前逃亡の無念」

vol.8「かつての戦場」

スペーシー中尉がかつての仲間と思われる人を発見。

vol.9「忍び寄る影」

vol.10「スペーシー中尉、宇宙海賊にやられる」

スペーシー中尉が、宇宙海賊にやられます。

ここで、宇宙海賊という存在が初めて認められました

この宇宙人の槍からは、ミンク族の使うエレクトロと同じような雷がでていますね。

すなわち、ゾウにいたミンク族も元々月にいたのではないかと考えられますね。

vol.11「容赦なし。宇宙海賊」

宇宙海賊はエネルに攻撃するも雷は効きません。

vol.12「不届き者に神の裁き」

Vol.13「大爆発」

Vol.14「私の大地(ヴァース)!!無条件の怒り!!!」

Vol.15「宇宙海賊 月遺跡発掘計画」

重要な場面描写ですね。

さきほど、ミンク族も月にいたと言いましたが、宇宙海賊は月遺跡の発掘していますので、すなわち、自分たちの知る場所ではない、ということなので、宇宙海賊は月の住人ではないのかもしれませんね。

ベガパンクの正体は宇宙海賊

物語を面白くしてくれている未だに謎のドクターベガパンク。

しかし、この宇宙海賊の描写がベガパンクの大きなヒントになるかもしれません。

ベガパンクはかつて一度だけ、シルエットで描写されている時があります。

頭が長くて、なんだかよくわからないシルエットがベガパンクです。

ちなみに宇宙海賊の海賊旗は、頭の長いドクロです。

ここでいろいろ考えられるのは、以下の内容です。

1.ベガパンクは宇宙人

ドクターベガパンクは、高度な技術をもった宇宙人で、月の侵略をはじめ、地球の侵略までを目論んでいた。

2.ベガパンクは地球人

ベガパンクは地球人であり、天才的頭脳で宇宙開発を行った結果、月にいくほどのレベルまで達していたという見解もできます。

というのも、宇宙には「海賊」という概念はないと思います。

ましてや「海賊旗」を掲げるなんてもってのほかですよね。

でも、宇宙海賊は「海賊」と名乗り、「海賊旗」を掲げています。

すなわち、「地球の文化をもともと持っている」ということでもあるのかなと思います。

ちなみに地球と言ってますが、物語のなかで「地球」とは言われず、「青海」と言われていますね。

ですから、このワンピースの世界はそもそも地球ではない、ということも大いにありえると思います。

Vol.16「降臨」

どろろん閻魔くんのような宇宙海賊戦の上にエネルが登場します。

Vol.17「走馬灯-カラクリ島で生まれたあの日-」

なんと、スペーシー中尉はロボットだったようです。

そして、なぜか壊れていたようですね。

Vol.18「月見大好きツキミ博士」

また、重要な描写がでてきました。

真ん中で食べているのが、ツキミ博士ですね。

そして、それを囲む4人のロボット。

1番左のロボット

一番左のロボット、かれはチューリップのような帽子をかぶっています。

ロビンフッド的な、狩人的な雰囲気もありますね。

もしかして、「カ(花)ノ国」と関係があるのでは?とも考えられます。

2番目のロボット

その次に座るのは鎧をまとったロボット。

彼はおそらく「ワノ国」を意図しているのではないかと考えられます。

3番目のロボット

ツキミ博士を挟んで右のロボット

これはスペーシー中尉ですね。

ライフルをもった軍隊的なイメージがあります。

4番目のロボット

そして、のこった一番右のロボット。

かれは、以前考察していた「ドンキホーテ物語をモチーフにしたガンフォール」から考え、騎士を表現しているのではないかと思います。

スペーシー中尉とチューリップ帽子が不明なので、なんとも言えませんが、ひとつだけわかるのは、ガンフォールの騎士とワノ国は関係性があるということですよね。

私のワノ国空島説を当てはめるとなんともしっくりはくるのですが。

Vol.19「月見してたら月が爆発」

Vol.20「月見だんごがのどにつまって涙の別れ」

Vol.21「いざ、月へ!!」

そして、ロボットたちがツキミ博士の復習の為に月へ向かいます。

ここで重要なのが、この風船らしきやつで「月にいくことが可能」ということです。

Vol.22「博士の敵!!男にはやらねばならない時がある」

月の爆発は宇宙海賊の仕業だったようです。

宇宙海賊の侵略なのでしょうか、発掘なのでしょうか。

宇宙海賊の右に持っている武器は何なのでしょうか。

一番右のロボットの武器がスピアではなく、宇宙海賊の持っている武器がスピアなのも気になりますね。

Vol.23「無念!!強すぎた宇宙海賊」

宇宙海賊のもっていた武器は鉄砲のようなものだったみたいですね。

Vol.24「神の裁き」

Vol.25「なすすべなしの宇宙海賊」

Vol.26「不届きっ!!」

Vol.27「博士のカタキのお礼を言いたい」

Vol.28「とりあえず攻撃」

Vol.29「宇宙海賊が掘り当てたもの」

宇宙海賊は発掘で何かを見つけていたようです。

Vol.30「月の地下に眠るものは」

Vol.31「闇に浮ぶ地下の都市」

古代の超文明の都市が地下にあったようです。

果たして、だれが住んでいたのでしょうか。

もしかして、これがワンピースだったりして?

Vol.32「とりあえず都市に攻撃」

Vol.33「古代都市にほとばしるエネルギー」

Vol.34「充電完了!!感謝された破壊者」

復活したロボットには羽が生えています。

Vol.35「壁画に学ぶ。太古に生きた翼を持った”月の人”」

ここでやった最重要の壁画が登場ですね。

羽の生えた部族

まずは真ん中に三体左を向いている羽の生えたロボット。

彼らは、前述のエネルに復活させられたロボットだと言えるでしょう。

そしてその左にいる人物。

かれは頭にツノが生えているのが印象的です。

すなわちスカイピアにいた住人の祖先だと思われます。

右上にあるのは、どうやら悪魔の実くさいですね。

下でロボットを作っているような雰囲気がありますね。

ひょっとして、このロボットを作る為に悪魔の実を青海までとりにいったとかでしょうか??

一番右端の人物は、獣をかぶって、羽も生えているので、下画像の酋長の続柄っぽいですね。

羽の生え方に注目

羽の生えている部族が3人いてますが、注目すべきはその生え方です。

羽が上を向いているのが2人。

下を向いているのが、1人です。

ちなみにエネルはでんでん太鼓を背中にまとっていますが、これは「羽のあった痕に挿しこんいる」ようにもみえます。

ガープの着ぐるみ

ここで気になるのは、ガープです。

ガープは意図的に犬の着ぐるみのようなものをかぶってますね。

ガープに羽は生えていませんので、ガープはこの一族ではないように思います。

では、なぜガープは犬の帽子をかぶっているのでしょうか?

一つの手掛かりとして、考えられるのは、ミンク族の風習です。

ミンク族は歓迎する者に対して、大事なものをあげる習慣があります。

まあ、ミンク族は羽が生えていないので、この一族ではないと思いますが。

そういった、習慣のようなものでガープの一族は犬の着ぐるみをもらったのかもしれませんね。

プルトン?

左したに見えるのは、戦車が大砲を打っているように見えますね。

これはプルトンになるのでしょうか。

Vol.36「月の都市その名も”ビルカ”。資源不足で青色の星へ飛ぶ」

青海にいくも、泣いて帰ってくる3部族。

右下は海王類に見えますね。

左下は私には、7つの蛇に見えるんですよね。

ここで絡んでくるのは、クジャのハンコックなのか!?といった感じなのですが、これが9つの蛇ならよかったのですが。

白ひげの武器

そして、もう一つ気になるのが白ひげの武器です。

なんか壁画の蛇に似ていませんか??

Vol.37「ふり返ると忠誠を誓う部下と広がる大地」

最終回「燃料満タン!立ち上がるエネル軍団!!」

エネル軍団ができあがりました。

まとめ

いろいろ考えてみますが、やはり情報量が足りずにこれといった大きな指針も見出せませんね。

まとめるのが大変で、消化不良感がありました。

もっと一部の画像に絞って考察を広げていった方がよかったですね。

また、考えます。

PR/iquneはロゴの作成をしています。ご入用の際はお声がけください!
メルマガ登録!

メルマガ登録者には、最新の更新情報や、ブログでは更新されていないワンピースの小ネタ、その他の思いつきなどを発信していきます。ぜひ、お友達になりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク