ジャックは魚人族で、百獣海賊団はトランプなのか【ワンピースネタバレ考察】

こんにちわ、IQUNEです。

カイドウの百獣海賊団にいるジャックについて「名前の由来」と「魚人族ではないのか」といことについて考察したいと思います。

スポンサーリンク

ジャックについて

ジャックはゾウゾウの実の古代種を食べている悪魔の実の能力者ですね。

百獣海賊団・マンモス号の船長でもあります。

懸賞金は10億ベリー。

カイドウの腹心であり、3人いる災害と称される懐刀の一人で「旱害(かんがい)のジャック」と言われています。

旱害とは日照りなどによる、作物の被害という意味です。

ジャックが、日照り・・・ほうっといった感じですよね。

取り巻きには、百獣海賊団のプレジャーズという生身の人間と、ギフターズと呼ばれる「人造悪魔の実(スマイル)」を食べて体の一部が獣化している、能力者達がいます。

ジャックの名前の由来

気になるのはジャックの名前です。

いろいろ考察した結果、これはトランプの「11」にあたるジャックからきているのではないかと思います。

ジャックには、トランプの要素は感じられませんが、ここでドフラミンゴが出してきます。

ドフラミンゴはジョーカー

ドフラミンゴは「若」「ドフィー」「天夜叉」「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」そして「ジョーカー」といろいろな呼ばれ方をしています。

「若」「ドフィー」「天夜叉」などはなんとなくわかるのですが、なぜ「ジョーカー」と呼ばれているのか少し疑問でした。

でも、ジャックに想いを馳せていると答えがわかったのです。

ドフラミンゴは百獣海賊団に属していませんが、カイドウと取引がありました。

そこで思い出すのが「ジャックは3人いる災害と称される懐刀の一人」という話から「3人」というキーワードと、ジャックという言葉はトランプにあるネーミングという要素から「百獣海賊団にはトランプのネーミングがある」と仮定することができます。

そう考えると、ドフラミンゴは正規のメンバーではないけど「奥の手」的な切り札要素として「ジョーカー」と呼ばれていたのではないかと、しっくりときますね。

ちなみに、クイーン「12」、キング「13」はまだ登場していないと思われますし、じゃあカイドウって「ジョーカー」でなければ何なん?とは思いますが。

ジャックは魚人族

そして、ジャックは魚人族ではないかという描写もあります。

ジャックはゾウを襲撃してから一旦退きましたが、また戻ってきた際にズニーシャと対峙することがありました。

その際ジャックの船は、ズニーシャの鼻一振りで沈められてしまいましたね。

悪魔の実の能力者は海に入ると力が抜けてしまうわけなので、自力で海から這い上がることはできません。

しかし、余裕の顔をして海底で仲間の救助を待っていたのです。

さすがにこれはおかしいなと感じて、よくジャックの顔を見ていると、なんと歯がアーロンのようなサメ歯になっているではありませんか。

そういえば、ジャックは基本的に口元をなんとも言えない防具で隠していましたね。

他にも何かヒントがないかと、探って見つけたのがジャックの手です。

非常に微妙ですが、指元が水かきのようになっているような気がしなくもないですね。

非常に微妙ですがね。

ジャックの過去

ジャックはこのゾウの一件から、ワノ国に突入した現在まで出てきていませんので、どういった経緯で百獣海賊団に入ったかはわかりません。

フィッシャータイガー編をちらっと見返したのですが、注目されるのはホーディージョーンズ一味やアーロン、ジンベエなどばかりで、ジャックらしき者は見つけることはできませんでした。

もし、ジャックが魚人島の出身者であるのであれば、フィッシャータイガー編の時に見切れているくらいのサービスショットがあってもよかったかなーと残念に思います。

まとめ

百獣海賊団がトランプに由来されていると考えるのはいいのですが、果たしてなぜトランプに例えられているのか、そこが気になりますね。

カイドウとか全くトランプ要素ないですよね。

スポンサーリンク