ワノ国はやっぱり空島じゃない?キッドと海賊同盟。第一幕完【ワンピースネタバレ924話】

こんにちわ。

ジャンプ「50」号ワンピース第924話「は」を元にした「ネタバレ・考察・伏線」になります。ジャンプを読んでないコミック派の人はネタバレがあるかもしれないので、閲覧要注意です。

スポンサーリンク

海楼石の秘密

トラファルガーローがルフィを助けようとしたところで、ホーキンスが阻止してきます。

鉄砲のようなものに仕込んだ、海楼石を加工した釘をトラファルガーローに打ち込みますね。

ここで、ホーキンスが海楼石の事実を教えてくれます。

ホーキンス「世界に拡がる海楼石は、この国で生まれたんだ。そんに小さく加工加工できる技術者はワノ国にしかいない」

との事です。

なるほど、そうだったんですね。

でも、なぜワノ国の人間はそんなに小さく加工できるのでしょうか?

トンタッタ族ならできるのはわかるのですが、いろいろと理由がありそうですね。

ウォロロロロって何?

カイドウが手下にルフィを牢屋にぶちこんどけと命じますが、ここで気になることがありました。

カイドウ「ウォロロロロ…!!!ブチ込んどけ!!」

と言ってるのですが、この最初のウォロロロロというのは、ウォロロロロさんという人がいるんですか?それとも、カイドウの口癖のような事なんでしょうか?

ちょっとわかりませんでした。

キッドは覇王色の覇気の使い手

倒れてもなお、カイドウに覇気を出して闘志を向け続けるルフィ。

アシュラ童子が言うには、おでん様も覇気が使えるようです。

そして、カイドウ「お前もか・・・キッドのガキも覇王色。何人もいらねえんだよ・・・覇王なんて」

その通りですね!何人も覇王はいりません!

ってキッドも覇王色なんですね。

ワノ国やっぱり空島なんじゃねえの?

往生際が悪いですが、やはりワノ国は普通の大地にない島なんじゃないかと思うんですよね。

空島ほど高くはないですけど、そこに近いくらいの位置にあるんじゃないでしょうか?

というのも、今回気になった描写がありました。

よくわかりませんが、穴に落ちたブルックたちがこう叫んでいます。

ブルック達「助けて下さい!激しい地盤沈下につきー!地面が抜けて助かったけど、海まで落ちちまうー!」

と言ってるのです。

違和感わかりましたか?

これってカイドウとルフィの戦いのせいで地盤沈下したってことなんでしょうか?

それとも、別の原因でしょうか?

まあ、そこは本題ではないんですが、みなさんは自分がこの状況になった時に、上記のようなセリフを叫びますか?

「地面が抜けて助かったけど、海まで落ちちまうー!」って。

私たちの概念なら、地面が抜けたら地面があるだけ。もしくは、マグマに落ちるって感覚じゃないでしょうか?

地面が抜けると海に落ちるって、それは海が下にあると思っている人の感覚ですよね?

それって、海の上に浮いていないとダメじゃないですか?

ワノ国に拡がる低い雲もやっぱり違和感ありますし。

やはり空島感はいなめませんね。

タマ生きていた

やっぱりタマは生きてましたね。

どうやって再登場するのかと思ってましたが、犬さんに助けられたので、この情報は簡単にルフィに届きそうですね。

ロビンの顔

ルフィの捕まったニュースを見ているのだと思いますが、ロビンの顔!

嫌です!

いつもクールなロビンのままでいてください。

キッドとルフィの海賊同盟

キッドがカイドウの牢屋に捕らえられています。

そこで与えられているのは、武器に使えないように骨を抜かれた毒魚でした。

看守的な奴がいってるのですが「元々は処刑のつもりで与えた毒魚で生き延びてる」と言ってます。

いやいや、殺すつもりなら与えんのやめなよって思いました。

そもそも殺すつもりなら、簡単にすぐ殺せるやろとも思ってました。

そもそも、カイドウは、心を折って仲間に入れる事が目的ですので、上記の処刑のつもりで毒魚を与えるというのは間違った表現じゃないかと思いました。

そして、牢屋の中で巡り会うルフィとキッド。

これは第二の海賊同盟結束の予感ですね!

おもしろい!

扉絵

扉絵リクエスト「戦桃丸が高齢のクマの夫婦のために薪割りをしてあげているところ」

でした。

ワノ国 第一幕 完

ワノ国編は、今までとは違い、全シーンを通して、べべんという音が入れられています。

そして、今までそんな事はなかったのに、第一幕完と描画されました。

どういった意図かはわかりませんが、幕といえば、だいたい三幕構成なので、三幕あるのでしょうかね?

タイトル「は」の意味は?

そして最後までわかりませんでした、今回のタイトル「は」の意味です。

普通に考えたら「ルフィ投獄 第一幕完」くらいなもんじゃないかと思うのですが。

今回は覇気という言葉が多く出てたので、それの「は」でしょうか?

そんな訳ありませんよね。

じゃあ、3幕構成の中で各幕終わりで、こういった文字が出てくるんでしょうかね?

そしたら、3文字で表現できることになるんでしょうが、そんな短い言葉で伝えたい事ってなんなんでしょうか?

まあ、2幕の終わりにまた1文字と決まっている訳もないとは思いますが。

楽しみです!

スポンサーリンク